文字のサイズを変更する場合

HOME > 今月の出来事

今月の出来事

第41回健康フォーラムを開催しました! (2010.11.25 掲載)


▲講演する引地医師
 
▲熱心に耳を傾ける参加者のみなさん

 11/13(土)に,第41回健康フォーラムを開催しました。今回は,「全国糖尿病週間(11/8〜11/14)」中の開催ということもあり,糖尿病をテーマに2名の医師が講演しました。

 はじめに,「糖尿病の現状及び新しい診断基準」と題し,歳弘真貴子内科第二科長が講演しました。
 世界の糖尿病事情についての説明では,糖尿病人口の世界上位10ヵ国を挙げ,インド,アメリカ,ロシア,ドイツ,日本といった国々が占める中,中国がインドを抜き糖尿病大国になったこと,さらに日本の糖尿病人口も増加していることを説明しました。
 では糖尿病とはどういった方を指すのかということで,糖尿病の新しい診断基準について説明しました。
 空腹時や75gのブドウ糖が溶けた水を飲んだ後の血糖値や,HbA1cの値によって,正常型・境界型・糖尿病型を診断するとのことでした。そして,血糖値とHbA1cそれぞれの値を考え併せて診断することが重要であると説明しました。

 つづいて,「これからの糖尿病治療」と題し,引地勲内科第一科長兼糖尿病・代謝内科長が講演しました。
 糖尿病は様々な合併症を引き起こし,世界で多くの人が糖尿病によって命を落としてしまっていること,肢の切断を余儀なくされていることを説明しました。そうならないためにも,血糖・体重・血圧・血清脂質の良好なコントロール状態の維持を行い,健康な人と変わらない日常生活の質(QOL)の維持,健康な人と変わらない寿命の確保が糖尿病治療の目標であると説明しました。
 また,糖尿病とはどのようにして引き起こされるのか?正常な人と糖尿病の人の血糖値の変化の違いとは?というお話や,10年ぶりに開発された糖尿病に対する新薬(インクレチン)の効果・体内での働きについて,引地医師の軽妙かつツボを押さえたお話と,様々なスライド映像により,とても分かり易く詳細に説明しました。

 参加者の皆さんからは,「家族が糖尿病で話を聞きに来ましたがとても為になりました」,「健康管理への重要性を感じました」などの声をお寄せ頂きました。

 盛岡市立病院では,これからも定期的に健康フォーラムを開催し,市民の皆様へさまざまな医療や健康に関する情報を提供して参ります。どうぞご期待ください。


過去に開催された健康フォーラム一覧
http://www.morioka-city-hosp.jp/window/kenkou_forum_old.html 



60件中、 1件〜20件を表示しております。 [ 3ページ中: 1 / 2 / 3 ]

過去の出来事

「ゆいっこ通り」で植栽を行いました。(2017.05.19掲載)

「院内保育園で豆まき」を行いました(2017.02.08掲載)

「看護部サマーセミナー」を開催しました。(2016.08.31掲載)

「第9回市立病院デー 〜あなたの健康をサポートします!〜」を開催しました。(2016.07.08掲載)

「ゆいっこ通り」で植栽を行いました。(2016.05.18掲載)

「ふれあい看護体験」開催しました!(2016.05.11掲載)

「院内保育園で豆まき」を行いました(2016.02.03掲載)

盛岡市立病院クリスマス会を開催しました(2015.12.21掲載)

「第8回市立病院デー 〜地域への感謝!〜」を開催しました。(2015.07.31掲載)

「ゆいっこ通り」で植栽を行いました。(2015.05.28掲載)

「ふれあい看護体験」開催しました!(2015.05.17掲載)

「院内保育園で豆まき」を行いました(2015.02.06掲載)

「第7回市立病院デー〜さあ行こう市立病院デー!みる・きく・体験の時間〜」を開催しました(2014.07.31掲載)

「院内保育園で豆まき」を行いました(2014.02.03掲載)

「クリスマス会」を開催しました(2013.12.24掲載)

「第6回市立病院デー〜きて・みて・ふれて・発見〜」を開催しました(2013.07.31掲載)

第12回グルメディカルコースを開催しました。(2013.06.28掲載)

第11回グルメディカルコースを開催しました。(2012.10.30掲載)

「第5回市立病院デー〜来て見てガッテン!〜」を開催しました。【その@】 (2012.07.31掲載)

「第5回市立病院デー〜来て見てガッテン!〜」を開催しました。【そのA】 (2012.07.31掲載)

▲ページ上部へ